子どもでも食べられるスパイスカレーってあるの?その注意点について

子どもでも食べられるスパイスカレーってあるの?その注意点について

皆さんは、スパイスカレーについて「小さな子どもには刺激が強い」「子どもにスパイスを食べさせるのは早い」など、子どもが口にしてはいけない食べ物だと思っていませんか?

実はそんなことはないんです。スパイス選びにさえ気を付ければ、子どもでもスパイスカレーを食べることができます。
さらに、スパイスは子どもの食生活や健康にも良い影響を与えてくれます。
今回は、子どもに使っても良いおすすめスパイスや、使い始める時期について徹底解説していきます!

 

そもそも子どもが食べるものにスパイスを使ってもいいの?

子どもに与え始める時期やスパイスの種類に注意すれば、小さな子供にもスパイスを使うことができます。

スパイスを使ってもいい子どもの年齢

子どもがスパイスを食べ始めても良い年齢は、離乳食期間が完了する1歳半頃からになります。スパイスは子どもの味覚を広げることができたり、素材本来の味を引き立てることができたりなど、子どもの「食育」に役立つおすすめアイテムです。

最初はどんなスパイスがいい?

最初はカレーなどに含まれるスパイスなど、子どもの舌にも馴染みのあるものから始めるといいです。
さらに、にんにくやショウガは、食欲増進や消化促進などの効果があるため、風邪気味の子どもや好き嫌いが激しくなってきた子どもの食事にくわえてあげることもできます 

 

辛すぎるスパイスは要注意

唐辛子やチリペッパー、からしやマスタードを子どもの料理に使う際は十分に気を付けてください。なぜなら唐辛子などの辛いスパイスの刺激は、大人でも苦手と思う人が少なくないからです 
少量でも子どもの胃腸を刺激してしまうため、お腹を壊してしまったり、まれにアレルギー反応が出たりする可能性があります。 料理に入っていた場合は取り除くなど、注意する必要があります。

 

小さな子どもに使ってもいいスパイス

離乳食期間が終わった1歳半頃~でも使えるスパイスを紹介します。

にんにく

「にんにくが料理にうっかり混ざっていた」「小さい子どもに食べさせても大丈夫か?」と心配になる方もいると思いますが、風味付け程度の少量のにんにくであれば、小さいお子さんにも食べさせることができます。
さらに、3歳頃からは好き嫌いが増える時期なので、美味しい香り付けで食欲を増進させることができます。また、にんにくの刺激成分は加熱をすることによって減少するため、すりおろしなどの生のにんにくではなく、加熱したにんにくを使用してください。
さらに、にんにくを食べた後はお腹の調子が悪くないか様子を見てあげることも大切です。 

ショウガ

ショウガもニンニクと同様に、風味付け程度の少量であれば使用することができます。ショウガには消化促進、貧血予防、さらには体を温める効果が期待されています。
そのため、お通じが不規則で便秘気味の子どもや、風邪のひきはじめの時にショウガを食べさせるのも効果的です。
ただし、生のショウガは刺激が強いため、一度加熱してから使用してください。

カレー粉

カレー粉は、カレーの土台となるスパイスであるため、小さな子どもでも馴染み深くトライしやすいです。
カレー粉に含まれるクミンやターメリックなどの香辛料には、消化促進や解毒作用などの健康効果が期待されています。
その一方で、香辛料が子どもの胃腸を刺激して、お腹を壊してしまう可能性があります。したがって、小さい子どもの料理に使用する際は少量ずつ様子を見ながら加えてください。

 

小さな子どもにおすすめできないスパイス

辛みのあるスパイスは、大人でもお腹を壊す人がいるほど刺激が強いので、子どもの料理に使用する際は注意が必要です。そのなかでも、特に注意するべきスパイスについてお話しします。 

からし

からしは鼻や舌、のどといった粘膜への刺激がとても強く、早いうちから子どもに食べさせることはあまりおすすめできません。その時食べたからしを使った料理に、嫌な印象を持ってしまう可能性もあります。
また、ハニーマスタードなどのはちみつが含まれるものは、乳児ボツリヌス症に感染することがあるため、一歳未満の子どもには与えないように注意してください。 

唐辛子

唐辛子の辛みや刺激は、大人でも苦手な方が少なくないため、小さい子供には極力与えるのを避けたほうが良いです。
大人の料理の取り分けの際に付いてしまっていたら、その部分を落とすか、お湯で洗い落として薄めるなどしてください。
また、まれなケースではありますが 唐辛子の摂取により、アレルギー反応を起こす場合もあります。子供が口にしてしまった場合は、体調に異変がないか様子を見ることが必要です。
これらのスパイスは、子どもの消化器官が完成する10歳頃から徐々に使用するといいでしょう。 

 

スパイス選びに注意すれば子どもでもスパイスカレーは食べられる

消化器官がある程度完成した子供であればスパイスカレーは食べることができます。子どもの味覚や成長には個人差があるため、お子さんの様子や反応を見ながら使い始めてみてください。子ども用のカレーには、辛みのスパイスを入れないのはもちろんですが、ヨーグルトやチーズなどを隠し味として加えることでよりまろやかな味になります。

 

スパイスカレー子どものまとめ

いかがでしたでしょうか。スパイスは、お子さんの健康や食育に役立つおすすめのアイテムなんです。お子さんの年齢や、味覚の変化に合わせてスパイスを使い分けてみてください。
また、手作りのスパイスカレーには化学調味料や合成油脂などの添加物が入ってないのも素敵なポイントです。
是非お子さんと一緒に、楽しみながらスパイスカレーを作ってみてくださいね。

 

この記事を作成した人

HELLO MY BLENDのスタッフ

HELLO MY BLENDは、「食の手作りキットを通して、お客さまにつくる楽しさを伝えるきっかけになりたい!」との想いで活動をしている、スパイスとハーブのブランドです。

おうちで過ごす時間が長くなる状況の中で、少しでも楽しんで充実した時間が過ごせるよう、HELLO MY BLENDがその一助となれたら嬉しいです!

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

公式HP* https://www.hello-my-blend.com

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=