クラフトコーラはどんな材料があればできる?簡単に手に入る材料だけで完成!

クラフトコーラはどんな材料があればできる?簡単に手に入る材料だけで完成!

クラフトコーラは2019年頃からじわじわと人気が広がり、現在ではその知名度もグンと広がりました。
今回は、「名前は知っているけど実際にクラフトコーラを飲んだことがない!」という方や、「飲んだことはあるけれど、実際に材料は何が使われているのかわからない!」という方に向け、クラフトコーラの材料やその特徴をご紹介していきたいと思います。

有名メーカーのコーラを自作するのは難しい

コーラのイメージ

世界でも有名な2大ブランド、コカ・コーラとペプシコーラ。これらは、詳細なレシピは公開されていません。また、化学的な成分も多く含まれるため、自分で作るにはなかなかハードルが高く感じられてしまいます。

クラフトコーラなら材料があれば自宅でも簡単に作れる

クラフトコーラを作る

そこでおすすめなのが、今、日本で定着しつつある「クラフトコーラ」です。
こちらは、有名メーカーのコーラに比べレシピ情報も多く、かつ材料も、多くはスーパーでも手に入るもの。
作り方も比較的簡単で、ご自宅でもかんたんに自作できるんです。

クラフトコーラの材料と作り方について

クラフトコーラ の材料

クラフトコーラの材料となるスパイスや砂糖は、作り手さんによって異なります。
ここでは、比較的手に入れやすい材料を使った2タイプを例に挙げますので、ぜひ参考にしてみてください。


パターン1

(スタンダードな配合のクラフトコーラの材料です。スーパーでも揃えやすい材料なのが嬉しいですよね)

三温糖
クローブ
カルダモン
シナモンスティック
バニラビーンズ
レモン

 

パターン2

(こちらはバニラビーンズの代わりにショウガを加えていることで、よりさっぱり爽やかな飲み口のクラフトコーラとなります)

きび砂糖
シナモンスティック
クローブ
カルダモン
生姜 
レモン スライス


主原料となる砂糖の種類について

上白糖

上白糖

日本の一般家庭でよく見かけるのがこちら、白くてさらさらな上白糖。
サトウキビなどの原料糖を精製し転化糖を加えたものが上白糖となります。
クセがなく、どんなお料理にも相性が良く使いやすいのが特徴です。


三温糖

三温糖

上白糖を作るときに精製した糖蜜を、何度も加熱しカラメル化して作られた砂糖のことを三温糖と言います。
カラメル化しているので、茶色く、風味も香ばしいのが特徴で、煮物などのお料理を作るのに相性が良いです。

黒糖

黒糖

さとうきびの絞り汁を煮詰め、ゴミなどを取り除いて作られた砂糖のことです。
白砂糖のように精製されていないため、原料糖のミネラルなど栄養分が豊富に含まれています。
味もコク深いのが特徴。

 

きび砂糖

きび砂糖

きび砂糖は黒糖の四方と同じく、さとうきびの絞り汁を煮詰め、ゴミなどを取り除きます。
さらに、そこから精製するため黒糖に比べさらりとしているのが特徴です。
精製の仕方が上白糖などとは異なるため、サトウキビのミネラル分や風味が残っており、体にも嬉しいお砂糖となっています。

 

よく使われる材料のスパイスについて

クローブ

クローブ

クローブは別名、丁字(ちょうじ)とも呼ばれ、インドネシアのモルッカ諸島原産のスパイスです。
1cm〜2cm位の大きさで、マイクのような形をしており、つぼみが開花する直前に摘みとり、日陰に干して乾燥させ、スパイスとなります。
バニラに似た甘さを感じさせながも、独特の香りが強いスパイスです。
甘い香りを活かし、お菓子やドリンクの香りづけや肉の臭み消しに利用されています。
ただ、香りが強いので、使い過ぎに注意が必要です。

 

カルダモン

カルダモン

インド原産のショウガ科のスパイスです。果実部分がスパイスとして利用されます。
甘く清涼感のある香りで、価格も高価なことから「スパイスの女王」と称されることも。
スパイスとして利用される果実部分は、黄緑色の2cm程の楕円形で、中に入っている種子が特に香りが強く割って使われることが多いです。
料理に限らずお菓子やドリンク作りにも人気のスパイスとなっています。

 

シナモン

シナモン
クスノキ科の熱帯性常緑樹で、芳香性にすぐれた樹皮部分を乾燥させスパイスとして利用される。

シナモンにも種類があり、代表的なものはセイロンシナモンとカシアなどです。
(原産国は諸説あるため、ここでは割愛。)
古くから世界で使用されているため、シナモンと聞いたら大体の方はイメージがつくのではないでしょうか。
甘みを引き立てる独特の香りでお菓子作りやドリンクを作る際に人気があります。 

クラフトコーラの材料まとめ

いかがでしたか。普段よく目にするスパイスも意外にその背景は知らないもの。
一つひとつのスパイスについて詳しく知ることで、オリジナルのクラフトコーラが完成したときの気持ちも変わってきませんか。
今回ご紹介したものはメインとなる数種類のみ。
ご自分で研究して、オリジナルの配合を楽しめるのもクラフトコーラのいいところですよね。
素材に目を向け、材料にこだわったクラフトコーラ作りも楽しいですよ!

自分の好きな味にカスタマイズ!!

自分の好きな材料で作ることができるのも手作りクラフトコーラならではのワクワクポイントです!

レモンを他の柑橘系へチェンジ

柑橘類
今回ご紹介したレシピではレモンを使用していますが、カボスやライムなどお好みの柑橘類へ変更しても、また一味異なる味を楽しめるのでおすすめです。

 

八角や、バニラビーンズを追加

八角

バニラビーンズ

スパイス好きな方に、是非おすすめなのが「追いスパイス」。
中華料理でも馴染みの深い八角は、加えることでより深みのある味になりますし、バニラビーンズを追加すれば甘い香りの広がる極上クラフトコーラに。
ご自身のベストを見つけてみてください。 

この記事を作成した人

HELLO MY BLENDのスタッフ

HELLO MY BLENDは、「食の手作りキットを通して、お客さまに”つくる”楽しさを伝えるきっかけになりたい!」との想いで活動をしている、スパイスとハーブのブランドです。
おうちで過ごす時間が長くなる状況の中で、少しでも楽しんで充実した時間が過ごせるよう、HELLO MY BLENDがその一助となれたら嬉しいです!
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=
公式HP* https://www.hello-my-blend.com
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=